日々是雑記。

日記、文房具、気になっている端末、ゲーム、少しだけVBAなどプログラム。

手帳とわたし。

あっという間に2月も半ば、皆様如何お過ごしでしょうか。
どうも、筆不精の蒼です。
最近は昔からプレイしているスターオーシャンスマホ版に熱中していたり、Kindleでの読書を再開したりしていました。
まぁ、難しい文芸書ではなくウェブ小説なんですけどね。


手帳と迷子。


去年の晩夏、あれほど迷って手に入れたほぼ日手帳カズン。
しかし今、再びわたしの中で迷いが生まれました。
ジブン手帳でもよくない?

土日とか全く書いてないし。
予定より仕事の作業記録が中心になってるから、きちんと書くのは時々。
iPadのスケジュールアプリもあるし、メモはクリップボードも併用してるしジブン手帳のLIFEを買い溜めしたしApplePencil持ってるし。
こう考えると1日1ページっていろんな場所で代用できる……。

かと言って、ほぼ日Weekでは物足りない。
ほぼ日オリジナルにするなら、どうせ持ち歩かないでしょう。厚いし。

悪魔の囁きというか、欲望の叫びというか。
そうなると結局カズンとジブン手帳で迷うんですよー。
で、上記2つの比較サイトやレビューやらを読み漁って、今持っている手帳で正解だったんだよ!と自分に言い聞かせるわけです。
まったく手帳沼というものは罪深いですね。


2017年が始まって一か月がたちました。もうすぐ丸二か月です。
春モデル(と言っていいのか?)の手帳も出始めて、それがあらかた捌けた頃には2018年の手帳を考える時期となることでしょう。
次はまたジブン手帳にしようかなぁと考えつつ、手帳ジプシーはLoftをさまようのでした。


2016.02.21

VBAから目的のIEウィンドウを操作してみる -ウィンドウ特定編-


新年明けましたね。
こんにちは、蒼です。
今年も忘れた頃にやってきますので、見かけた際にはどうぞよろしくお願いします。


さて、たまには備忘録的な意味も込めて、プログラムのことでも語ろうかなぁとか思います。


ド底辺ではありますが、ワタクシも企業常駐開発エンジニアの端くれ。
プロパーさん(常駐先企業の社員さん)の作業効率化のために様々なツールを作成するんですよ。
そこそこ余裕な顔して優雅に褒められる毎日の、水面下では白鳥ばりに必死です。要求が目に見えて高くなるんだもの。

テスター上がりの底辺PGですからね。手軽なExcelVBAで何事も解決するわけですよ、力づくで
社内ポータルをお持ちの現場だとわかると思いますが、ExcelからIEを操作する機会の多いこと多いこと。
今となっては日常ですので何をいうこともありませんが、最初は難易度にドン引きしたものです。

とはいえ今でも面倒であるという点は否定しませんが……。

IEのバージョンがどうのこうのとかIFRAMEを使っているページとFRAMEを使っているページと平打ちのページが混在しているとか、歴史の古い企業だと諸々あるんです。
Wait処理だってBusyとReadyStateでの単純な処理じゃ、動いたり動かなかったりして血の涙ですよ。

ちゃんとツールが動いたら、やっぱり楽しいんですけどね。
まぁそれはそれとしまして。

続きを読む

にりんのはなし・おわり

朝方はあんなに寒かったのに、昼間はストールを羽織るとマジ暑い。

こんにちは、蒼です。
暑い。


にりんのはなし・おわり



2回目の二輪卒検を受けてきました。
結果は合格!やはりクランクさえなんとかなれば、あとは心配するものでもなかったようです。

場所場所で検定員が「大丈夫!いい感じだよ!」と声をかけてくれたので、一本橋スラロームの規定タイム以外は減点なしでした。

ありがとう検定員さん!!

さて、受かり方などはもっと詳しい方が書いているので、精神的なアレでも語ってみましょうか。

二段階みきわめの時点で、このまま行けば確実に受かると言われていました。
この10年弱ほぼ毎日の頻度で原付を乗っていたため、ガチ初心者にも向けた教習では、ある程度安定して乗れているのは特別珍しくはないでしょう。
おそらく同じような人は山ほどいます。一発試験組なんか最たるものですね。

で、そこまで言ってもらってなぜ落ちたのか?
クランクでの転倒が原因ですが、その根っこには、緊張と「悪い意味での慣れ」があったのだと思います。

クランク、実は第一段階から失敗などしたことがなかったのです。
ましてや転倒など8の字以来です。

上手くやれる、だからサラッと流す、他の課題にポイントを絞る。
結果、クランクは私のフィーリング任せだったんですね。

センスがある人は良いんです。そのまま行ってください。
少しでも教習に不安がある人は、たとえ自分がこなせている課題でも、細かく分析したほうが良いです。

私は前回、最後に運転して落ちました。
今回の順番も最後で、心の準備がガチガチに固められる環境からのスタートなのでプレッシャーが半端なかったです。
前回と今回の違いは何度もクランクのシミュレーションをしたことくらいです。それが結果に出たわけですね。

クランクに入るのはどの角度?
どの速度で走る?
アクセルの開き具合は?
次のコーナーまでのコースは?

感覚任せでうまくいくこともありますが、一般的には、細かい準備もしたほうがうまくいく物事の方が多いんですよ、ってことで。


何にせよ、公道では全く違うのでまだまだ練習が必要なんですけどね。
まずは喜んでおこうと思ったのでした。


10.15/2016


あいほんせぶんのはなし・じっきのかんそう

最近上品に憧れて紅茶にハマりだしました。
意外と茶っ葉ごとの好みってあるんですね(乱暴)

こんにちは、蒼です。
毎日アホのように紅茶を飲んでいるのできっと体内の水分は良い感じに巡ってるって、アタシ信じてるからッ!


あいほんせぶんのはなし・じっきのかんそう



ようやく!ようやく!!
iPhone7Plusが手元にやってきました!!


4日の20:30ごろにソフバンショップから電話

折り返しするも営業時間外

今日取りに行けるかなぁとワクワクしつつ再度電話する5日の昼

当日は予約がいっぱいで、渋々6日に予約をする

そわそわして終業を迎える6日

機種変


こう書くと何だか普通。
ショップではかなり待ちましたし、予約を取るのもなかなか厳しかったです。
機械モノに強いなら、オンラインで自宅受け取りの方が最終的な手間はかからないかも。

ただし、ショップには 画面フィルム貼りの名人 がいます。
(私の行ったショップでは綺麗なお姉さんがすごい手際で貼ってくれました。職人芸だった。)


さて、持った感じなどをつらつら語りましょう。


はやはり無印の6よりズッシリしてますね。
私の場合、さらに頑丈なケースとSuicaが入るので余計に重いです。

今回は4.7インチから5.5インチに変更したわけですが、画面の大きさはキーボードで真価を発揮しました。
ローマ字キーボードが打ちやすい!

ちなみにご存知と思われますが、無印もプラスも、6sのカバーは再利用できません。
カメラのレンズが増えたりとハード的な変更があります。
外形の寸法はほぼ同じですが、カメラ部分の変更があったため、カバーが必要な人は必ず買い替えましょう。

そうそう、ホームボタンですね。
これは皆さんが言っていることですが、物理ボタンではなくなった模様。
その代わり、ギギギというか、カッカッカッ!みたいな反動?振動?が返ってくるようになりました。
ちなみに反応の強さは調整可能です。

あー、あとはアレですね。音がデカい。主にカメラの。
シャッター音が半端なくデカいので、両手で包み込むように何とかしてます。必然的に画角とかこだわれない。

2年使ったスマホと比べるのもアレですが、電池の持ちはだいぶ良いですよ!
無印6の時には最終的に1日2回ほど充電してましたが、機種変してからはバッテリーパックの出番が激減しました。とても快適。

世間ではメジャーアプデではないとか地味だとかほぼ変わんねぇだとか買えないだとかボロクソに言われてますが(一部私情)、見やすいし見えないところで使いやすいし、買い替え時の人は迷わず行っても良いんじゃないかと思いました。


Kindleで漫画読むのも楽ですよ(小声)


10.14/2016


にりんのはなし・ほしゅうそしてさいけんていよやく

いつの間にか寒い!

こんばんは、蒼です。
先週の今頃は暑かったのに……。


ほしゅう、そしてさいけんていのはなし



結局、検定での大きな減点は転倒のみでした。
クランクで転倒さえしなければ本当に受かっていたらしい。
まぁ逆に、もういいや!って思ったから上手くいったという可能性もありますが。

さて、卒検に落ちた蒼さん。
受付にいくと、すでに補修の印付きで教習原簿が受付に置いてありました。

補習でその日のうちに再検定が理想なのですが、世の中そう上手くいかないものですね。

まず前提として、補習と検定は別日。公平性のためかな?
なので、水曜に来れない私は土曜に検定を受ける必要があり、それには今日(土曜)から金曜までに補習を受ける必要があるということ。

なんか面倒なことに……。

平日は最終時間しか来れないのでダメ元で空きを探してもらいましたが、案の定、次回の金曜までは全て埋まっていました。
落ちた当日も空いてない。

四輪を取った時を含めても初めてのキャンセル待ちをしつつ、次回に想いを馳せます。


……いくら思いを馳せてもキャンセルが発生しない!!


2時間待ったけど全然乗れない。もうこれは来週無理だ!
ということですっぱり諦めて、後日の予約を取ることにしました。

受付のお姉さんの仕事を邪魔しつつじっくりねっとり探してもらったところ、二週間後の木曜の最終時限が空いているとのこと。
職場から教習所まで結構ギリギリ。でもこの日に受けないともっと検定が後になる。
いや、


間に合わなさそうならタクシーを使えばいいじゃない!(確信)


そんなわけで、無事に補習と次回検定の仮予約が完了しました。
保証に入っていたので再検定分はタダ!やったね元がとれるよ!

最初にして最大の壁、クランク。
補習では先生に願い倒して、クランクだけを練習しようかなとか思いました。ちらっとね。
自分の都合通りに物事は進まないって、分かってますけどね。


10.11/2016


にりんのはなし・そつけんそのいち

どこを見回しても曇りという、実に晴れ晴れしくない良い天候ですね。

こんにちは、蒼です。
ちよっとダウナー。


にりんのはなし・そつけん



えーと、結論から言うと落ちました(涙)
タイトルでモロバレですね。

順番的には三人中三人目で、前の人たちの様子を見ながらイメトレも完璧。

コレは勝つる!!

と、慢心していたのは否定しません。
ただ自分が一週間ぶりに運転するということを忘れていたのです。

で、私の番になり。後ろを確認してから乗車、ミラーとかの調整をしてエンジン始動、先生の話を聞いてから発車までは完璧でした。だって指さし確認したもの。
事件はその直後に起こります。


検定開始→直線40キロ→クランクで転倒


マジかよ!と。
検定の集合時間前に、教習所で知り合った人と
クランクに突っ込んでいきそうですけどねぇハハハ」
なんて話をしていた記憶が頭を繰り返しよぎる。



何勝手にフラグ立ててるんだよ私ィィィィ!!



頭が真っ白で、バイクを起こした後にマゴマゴする私を先生が見かねて指示を出してくれました。
とりあえず乗っていいよと声をかけられ、切り返しの指示を出してくれつつ後ろに引っ張ってくれて、あれはもう完全に介護でした。

その場で中止ではなく一通り走ってから発着点に戻るベコベコの蒼さん。
転倒後の課題は精気も失せ、むしろそれがいい感じだったのか、ミスらしいミスもせずにゴールしました。
後から聞いたら一本橋が早かった程度しか指摘がなかったのよ!ウワァァン。゚(゚´Д`゚)゚。

転倒ではなく左足をついて支えただけならなんとかなったのかなぁ。
まぁ、今となってはの話ですけどね。(アンニュイ)

結果が一つしかない蒼さん、グッタリした体を引きずってたどり着いたロビーで、他の人の検定を眺めてました。
転倒している人とか、ウィンカー出しっぱなしの人とかもチラホラいます。みんな緊張してたんですね。

その後無事に引導を渡されたので、おとなしく補習のキャンセル待ちをしてから来週卒検を受けられるよう頑張ります。

どうせなら完全ストレートで免許を取りたかったなぁ。


10.01/2016


にりんのはなし・二段階みきわめ

ここ最近は新たな趣味に目覚めました。

こんにちは、蒼です。
いのち短し恋せよ少女、ではないけれど、やりたいことにはためらわず手を出してみよう週間の私です。


二段階みきわめ



最初から記事を追って下さっている奇特な皆様、このナンバリングは間違いではありません。
土日で教習に通っていると土日で5回、6回分の授業があるので、文字に起こすのが追いつかずこの体たらくとなりました。


無事に一段階の見極めを通ったあと、以下の流れで教習が進みます。


シュミレーター
シュミレーター
実車(自主経路)
実車(第一コース)
実車(第二コース)
シュミレーター 学科(免除保持者の場合、唯一の学科!!)
実車(1.2コース)
実車(1.2コース、みきわめ)


なにこれ。早っ!


いやまぁ、早く免許が取れるのは嬉しいんですけれど。
これで公道走って、本当に大丈夫かなぁという不安も少々あります。

話を教習に戻します。

私の通っている教習所の場合、検定では道案内がつくそう。
けれど余裕が作れるかどうかの問題で、やはりコースは覚えることを推奨されています。
必死で覚えましたよね。えぇ。


コース図を渡されたのは二段階最初のシュミレーターで、私の予約状況ではその日に自主経路のコースを覚えて走る予定でした。
さらに次の日には両方のコースを走る教習。

学生時代以来の必死さで覚えましたが、やはり覚えていた方が確かに楽でした。
次にどの課題なのか、どこで曲がるのか、わかっていれば心の準備ができますからね。

一段階と違い既にやったことがあるものばかりなので、そのあたりの難しさはありません。
が、検定に向けて覚えることがたくさんあります。
標識、道路のルール、それから教習所特有のルールなどなど。

原付で普段車道を走っている身としては、これくらい覚えてくれないと危ないよ!と思うものの、新しく免許を取る側としては煩わしいんですよね。
外に出てからも気をつけて走ろうと心に決めました。


さて、みきわめの日は随分と詰め込んでいて、シュミレーター、学科、実車、みきわめと4つの教習が入っていました。
結果から言うと、みきわめオッケーの印鑑をもらえました。

みきわめでは直前の時間に走ったコースと全く同じ経路、全く同じ気持ち……と思いきや。

どうやら私、かなり落ち着きがなかったようです。
先生によれば「直前の時間よりも落ち着きがなかったけれど、前の時間も見ているから検定を受けるだけのテクニックはついていると判断した」とのこと。

最後2回の担当指導員が同じ人だったので救われたようです。
自分では全く気づいていなかったんですけどね。
雨やら、みきわめだ!という無意識のプレッシャーやらに圧迫されていたのかもしれません。
(この日は天気が悪く、みきわめの時間には強めに降ってしまっていました。)


公道を走っていれば雨が降ってくることも、雨の中走らざるを得ないこともあります。
その辺、気をつけていかなければですね。


さて、次回……というか明日は検定。
プレッシャーに引くほど弱い私なので、変に力を入れなくてもいいよう、今からイメトレに励みます!


09.30/2016

にりんのはなし・1-3

物欲に打ち勝つのはエネルギーがいる。

こんにちは、蒼です。
コンデジ欲しくてヨドバシで小一時間ほど粘りました。
ごめんね店員さん。不審者じゃないんです。諦めるための踏ん切りがつかなかっただけで。


ところで、教習はずっとマンツーマンでした。
最初の話だと基本的には教習生2に対して教官1と聞いていたのですが、どうやらATの教習生が少なすぎる模様。

別に私はいいんですけどね。予約取りなおすのも大変なので。
でもちょっとだけ、あまりの人気のなさがさみしいです。


教習第1段階3回目



1-2に引き続き同日、淡々と話す教官。

1対1の教習で本当に助かりました。
あまりのダメさに、相方がいたらきっと足を引っ張っていたはず。

一本橋スラローム、坂道、体験課題では凹凸のある道を実施。

坂道は特に問題ないんですよ。
自宅のあたりは段差が多い地域なので、信号待ちの場所が坂道になっていることなんかザラにあるため経験は腐る程あり。
ましてやAT、負ける要素は微塵もありません。
ちなみにフラグではなく本当に1発でクリアしましたよ。

スラロームは……まぁ、ノロノロやれば9秒台ですけどなんとか。
コーンに当たらなかったことは救いでしょうか。

ここでも前回と同じくスピードなさすぎて不安定になっている模様。
車体を起こす時にアクセルを開けることを意識して、なんとかヨロヨロしなくはなりました。

問題は一本橋ですよ。
これまで数々の教習生がこいつの前で散っていったはず。
御多分に漏れず、私も同じく……いや、もっとひどかったです。
まず橋にも乗れないんだもの。

教官が色々と見本を見せてくれるものの何ともならず。
あまりのできなさに腹が立ち、えぇい!とばかりに勢いよく突っ込んだところで、ようやく橋に乗れました。


何てことだ。
私に足りなかったのは思い切りだったんだね。


あとはまぁ、橋の途中で落ちながらも成功率3割程度でした。
いいの。これからの成長に期待なの。
必死すぎて鬼瓦みたいな顔になっているのもしょうがないことなの。

体験課題は凸凹道の通過方法についてを実施しました。
が、正直これは思い出したくもない。
(アクセルコントロールに焦って暴走しました。体験課題でよかったね。)


きょうのおもいで
S字とクランクはちょうしにのらないこと。


09.25/2016


あいほんせぶんのはなし・予約削除

昨日とは一転、ずいぶんといい天気になりました。

こんにちは、蒼です。
汗ばむくらい晴れているはずなのに、視界が滲んでうまく前が見えません。


あいほんせぶんのはなし・予約削除



予約開始日当日の直後に、ソフトバンクオンラインで予約した蒼さん。
自宅まで届けてくれるのは社会人になると便利でいいですね。
学生時代なら多分店に並んでましたし。

さて、2週に渡り入荷待ちメッセージを受信してじれた蒼さんは、
「128GBでは少ないかなぁ。他のモデルも予約したら、どっちがいいか選べるかなぁ。」
と思い立ち、同じブラックの256GBも予約しました。


ソフトバンクオンラインで。


なんと言うことでしょう。
予約上限に達したため、最初の予約を取り消しされてしまったではありませんか!

予約の分散には、くれぐれもご注意を(号泣)

09.25/2016


にりんのはなし・1-2

台風が行ったと思ったら、寒かった気温が一気に暑くなりましたね。

こんにちは、蒼です。
地元を久々に自転車で走ったら、車体が軽すぎて怖かったです。
ペダルを漕ぐのもフラフラよろよろ……昔の私はよくあんなものに乗れていたな!


にりんのはなし 1-2



これでも社会人のため、平日は通う余裕がありません。
ケチるとろくなことがないことを今までの人生で学習したので、お金を積んで保証がいっぱいのプランにしました。
ストレートだと少し損はしますが後で慌てるよりはマシですからね。


ちなみに、プランのおかげで土日のみで通っても予約待ちとは無縁でした。


教習第1段階2回目



もうかなり前の記憶なのでうっすら……。


担当は適性検査の時の教官でした。
冗談まじりでハキハキしていたあの時とはなんだか印象が違うような??
無線越しの声がとても淡々としているような。

たくさんの人の前に立つ時には意識して声を張っていたのかもしれませんね。
切り替えができるのは本当に尊敬します。
(↑人前に立つプレッシャーに吐くほど弱い社会人)

前回はなんとなくで流していた細かい動作の修正とコツを教えていただき乗車。
バイクを倒すのではないかと心配しつつ足が上がらないでアタフタしていたチビでも、すんなりとバイクに乗れました!
こう言うとなんだか怪しい通販みたいですね。


外周を流してから、初めての8の字コースに。
当然低速でぐるぐる、ぐーるぐると回る……回る……まわ……


まぁ、当然のように倒しますわな。


敗因は失敗を恐れて低速にしすぎたことでした。
まだまだアクセルを少しだけ開けたままにするという動作が苦手なので、1か0かのどちらかしかなかったのです。
原付ではアクセルを少しだけ開けるなんて動作、したことなかったもの。


教官のヘルメットを見つつやってみろと言われて、なんとかかんとか8の字を回り続けました。
きっとあのままやってたらいつかバターになっていたはず。


ちなみに、同じ回でやったS字とクランクは、簡単ではなかったもののアッサリでした。
逆に怖い。


09.23/2016