読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是雑記。

日記、文房具、気になっている端末、ゲーム、少しだけVBAなどプログラム。

来年の手帳

文具

こんばんは、ようこそ。
いきなり暑くなったと思ったら気圧が下がるので、毎日頭痛と戦う私です。



来年の手帳



2016年ももう半分が過ぎました。
そろそろ手帳もいい感じにへたってきた頃合いではないでしょうか。

そう、手帳なんです。

お恥ずかしながら私は三日坊主の気があるため、いつも最後まで手帳を使い切れたことがありません。
最初こそ勢いで使うのですが、だいたいこの時期(開始から半年ちょっと)の時期になるとダレてきて、新しい手帳を買ったら古い方を放置。
うはー、ムダー!
iPadも持っているのでデジタル化してもいいかも……とはいつも思っています。
しかし、意外とスマホタブレットで予定の確認ってしないんですよね。しないというか、なんか不便なんです。


使っていたもの


私が使っていたのはこちら。

2013年 ほぼ日手帳 オリジナル
2014年 ほぼ日手帳 オリジナル
2015年 ほぼ日手帳 week
2016年 ジブン手帳

仕事の定例業務やら打ち合わせやら業務内容やら、意外と書くことがいっぱい。
打ち合わせに出ようものなら会話を全て書き出すため、手帳のメモページでは足りないことが目に見えています。
それに他にメモ帳持っているので、特にメモページはいらないんですよね。
曜日固定の仕事も多いし、1日ごとのページがメインだと予定が確認しづらかったりもします。

後は、紙!
トモエリバーって偉大です。 私は万年筆ユーザーです。パイロットのキャップレスやカスタムヘリテイジのEFでガリガリと書き込みます。 色彩雫のインクもさることながら、細いニブで紙を削ってしまうため、普通の紙だと使えたものではないのです。

諸々を考えた結果、2016年はジブン手帳に落ち着きました。
週ごとに見開きだったので、ほぼ日手帳オリジナルよりは、バーティカルなジブン手帳のほうがやりたいことにあってましたしね。

仕事をしてると予定が変わることってあるじゃないですか。そんな時にジブン手帳だと、書き直すスペースが無いんです。
(ただし毎日のご飯を書き出せる欄は非常に便利でした。)
それに、趣味が増えるにつれて段々とで物足りない感じもしてきたりして。

いえ、どうせ会社に手帳を置きっぱなしにするのは目に見えているんですよ。いつもiPadKindle voyageを持ち歩いていますし。
それでもなぜか、たくさん書きたくなってしまうんですよね。
元々が「何かを書く」ということが好きなので、余計かもしれません。

そんな背景で、来年2017年は何にしようかなぁと今から悩んでいます。

今安定して使えているジブン手帳か、たくさん書くことを見こしてほぼ日手帳のカズンにするか。
迷いを断ち切るために各手帳のレビュー記事を見漁っていてもなかなか決まりません。
当然ですよね、私がやりたいことや私の予定とは、レビューしてくださっている方々は違う使い方をしているのですから。

早いところだと9月くらいから売り出していたりもしますからね。
おそらく来年は「ほぼ日手帳カズン」になると思われますが、今からじっくり悩みたいと思います。
いいカバーがあるといいな(ワクワク