日々是雑記。

日記、文房具、気になっている端末、ゲーム、少しだけVBAなどプログラム。

にりんのはなし

いつの間にかひと月も経っていました。
夏の盛りも落ち着こうというものですね。


こんにちは、蒼です。
今回はいつもみたいな「物」についてではなく、バイク……正確に言えば普通自動二輪AT限定についてお話ししたいと思います。
多分、何回か続きます。


にりんのはなし



突然ですが、9月4日から普通自動二輪の教習所に通っています。


きっかけは、8月に自宅から職場まで原付ドライブしたことでした。


原付にスマホを固定するキットを買い、カーナビアプリに従って長距離ラン!
としたはいいものの。
国道や県道などの太い道で50ccは厳しい。
追い越していく車からの風に煽られるし、スピードは出ないしでとにかく危ないんです。


まぁ、どこでも足を止めやすいという利点はありますが。


そんなわけで一念発起。
思いついた時に始めないととたんにやる気が無くなりますからね。


どうしても乗りたいバイクがビッグスクーターであること、
荷物がたくさん入るバイクがいいこと、
くらっちとかむり!であることからAT限定に心を決めました。


本当は125(小型限定)のつもりだったけれど、親からの説得という茶々に負けて400ccまでを扱える普通自動二輪に変更。
まぁ、金額も時間も、そう大きくは変わりませんからね。


そういえば私の住んでいる市では、同一世帯であれば委任状なしで住民票を家族に取ってきてもらうことができました。
どうしても自分で取りに行くことが難しかったので、とってもとってもありがたかったです。
お役所も融通がきくんだなぁ。


教習1日目



時間が合わず、申し込みから一週間後に初教習となりました。
できるかぎり夏期休暇中に教習を詰め込もうと思ったもののさすが8月の終わりということか。
はやる気持ちを抑えつつ、初めての教習に臨みます。


教習の前に、適性検査。
普通自動車の時もやったかな?
なんか、IQテストみたいな問題が山ほどあるやつ。


多少時間が押したので、連続で入っていた教習には若干遅れる私。
教官に苦言をもらいつつ(でも私のせいじゃないんです!)プロテクターなどの説明を受けました。


で、教習開始。
二輪の教習では最初に「スタンド」という、倒れた車体を起こすところから始まります。
私も一緒に教習を受ける相方と一緒にチャレンジしましたが……いやぁ、ATは重いですね。
原付ユーザーとしての意地から、どうにかこうにか1回で起こすことに成功しました。
あれは教科書通りの力任せだったと思う。


問題はここから。


150センチのチビには、それに見合った短い手足しかありません。
センタースタンドを立てるためにハンドルを支えたいものの、センタースタンドに体重をかけようとするとハンドルから手が離れてしまうのです。
無理をすればバイクが向こう側に倒れそうだし、無理をしなければ手が届かない。
アタフタしながら、こちらもどうにか無理やりスタンドを立てました。


バイクは体重ではない。
手足の長さが物を言うのだ。


未だかつて、ここまで低身長に悩まされたことは 小学生時代の背の順 くらいのものですよ。


悲劇はこれだけでは終わりません。
スタンドの次は引き回し……押して歩くことになります。
重いわ手が届かないわ向こう側に倒しそうだわ、もう半分泣きそうになりながらどうにか押して歩きました。
その後簡単にバイクの機構について説明を受けつつ、さぁ跨がろう。


またがれない!!


なんと、足の長さが足りず危うく足を引っ掛けてバイクを倒しそうになりました。
なんでだよ!


苦労して足を上げ、なんとかシートに座ってエンジンをかける。
正直、動き出してしまえばこちらのものでした。
毎日運転しているレッツ4パレットとそう変わりませんでしたしね。ちょっとハンドルが重かったですがその程度。


教習終了後、相方(高身長女子)と私(チビ)との違いを説明した教官は、私には
「無理しないでいいから、片側で足をついてバランスを取ってくださいね」
と言いました。
大丈夫です。ホビット、最初からそのつもりでした。


こんな感じでぬるっと始まった教習、頑張って今月中に免許を取ろうと思います。
「なんとか」「どうにか」「無理やり」が多くなりそう……。


09.07/2016