読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是雑記。

日記、文房具、気になっている端末、ゲーム、少しだけVBAなどプログラム。

にりんのはなし・1-3

物欲に打ち勝つのはエネルギーがいる。

こんにちは、蒼です。
コンデジ欲しくてヨドバシで小一時間ほど粘りました。
ごめんね店員さん。不審者じゃないんです。諦めるための踏ん切りがつかなかっただけで。


ところで、教習はずっとマンツーマンでした。
最初の話だと基本的には教習生2に対して教官1と聞いていたのですが、どうやらATの教習生が少なすぎる模様。

別に私はいいんですけどね。予約取りなおすのも大変なので。
でもちょっとだけ、あまりの人気のなさがさみしいです。


教習第1段階3回目



1-2に引き続き同日、淡々と話す教官。

1対1の教習で本当に助かりました。
あまりのダメさに、相方がいたらきっと足を引っ張っていたはず。

一本橋スラローム、坂道、体験課題では凹凸のある道を実施。

坂道は特に問題ないんですよ。
自宅のあたりは段差が多い地域なので、信号待ちの場所が坂道になっていることなんかザラにあるため経験は腐る程あり。
ましてやAT、負ける要素は微塵もありません。
ちなみにフラグではなく本当に1発でクリアしましたよ。

スラロームは……まぁ、ノロノロやれば9秒台ですけどなんとか。
コーンに当たらなかったことは救いでしょうか。

ここでも前回と同じくスピードなさすぎて不安定になっている模様。
車体を起こす時にアクセルを開けることを意識して、なんとかヨロヨロしなくはなりました。

問題は一本橋ですよ。
これまで数々の教習生がこいつの前で散っていったはず。
御多分に漏れず、私も同じく……いや、もっとひどかったです。
まず橋にも乗れないんだもの。

教官が色々と見本を見せてくれるものの何ともならず。
あまりのできなさに腹が立ち、えぇい!とばかりに勢いよく突っ込んだところで、ようやく橋に乗れました。


何てことだ。
私に足りなかったのは思い切りだったんだね。


あとはまぁ、橋の途中で落ちながらも成功率3割程度でした。
いいの。これからの成長に期待なの。
必死すぎて鬼瓦みたいな顔になっているのもしょうがないことなの。

体験課題は凸凹道の通過方法についてを実施しました。
が、正直これは思い出したくもない。
(アクセルコントロールに焦って暴走しました。体験課題でよかったね。)


きょうのおもいで
S字とクランクはちょうしにのらないこと。


09.25/2016